30th

日文研は2017年、創立30周年を迎えます。

ロゴについて

30周年を「三〇」という漢数字で、図案化しました。「〇」は月を、「三」は雲をあらわしてもいます。
おぼろ月のように30周年をしめそうという趣向です。

日文研30周年ロゴ
小松和彦日文研所長

国際日本文化研究センター創立30周年記念にむけて

1987年に創設された国際日本文化研究センター(日文研)は、2017年5月21日で、30周年を迎えます。この間、「日本文化に関する国際的及び学際的な総合研究並びに世界の日本研究者に対する研究協力」をミッションとして掲げ、日本文化に関する多様な領域にわたる研究を総合的かつ学際的に推進し、また海外の日本研究のレベルアップをはかるための国際的拠点としての諸事業に取り組み、合わせて海外の研究資料を含む日本文化に関する多種・多様な資料の集積センターとしての役割を果たしてきました。

しかしながら、30年という歳月が経過するなかで、日文研を取り巻く社会状況も大きく変わり、これに対応して日本に対する海外からの関心も大きく変化しております。そこで、創立30周年という記念すべき節目を利用して、これまでの日文研の歴史を振り返り、その蓄積を吟味・検証し、さらにはこれからの30年を考えるためのさまざまな事業を行うことにいたしました。これらの諸事業を通じて、日文研の活動を広く理解していただくとともに、これまでにもまして御支援がいただけるようになることを期待しております。

国際日本文化研究センター所長小松 和彦

30周年記念事業カレンダー

2016年10月
5日(水) 刊行物 創立30周年記念リーフレット
29日(土)14:15〜16:30 催し物 創立30周年プレイベント 一般公開「浪曲を聴く会」
2017年04月
11日(火)14:00~16:00 催し物 第309回 日文研フォーラム「着衣改造の近代――わが母の服装観から見る日中衣装変遷史」
2017年05月
6日(土)-7日(日) その他 放送大学 スクーリング「「近代史」としての日本まんが史」(京都学習センター)
9日(火)14:00~16:00 催し物 第310回 日文研フォーラム「 三つの「赤い」と二つの「寒い」から、方言を考える――方言と言語類型論の出会い 」
15日(月) 刊行物 “NICHIBUNKEN NEWSLETTER” 創立30周年記念特集号
17日(水) 記念式典・祝賀会 創立30周年記念式典・記念祝賀会
17日(水) 13:00〜15:00 催し物 創立30周年記念講演会
第1部「日文研と私―回顧と展望」
第2部「日本研究の諸問題―歴史と歴史学をめぐる省察」
17日(水) 刊行物 創立30周年記念写真集
17日(水) 刊行物 『異邦から/へのまなざし ー見られる日本・見る日本』
17日(水) 刊行物 『日文研』創立30周年記念特集号
26日(金) 11:30〜19:10 催し物 創立30周年記念イベント 映画『ハッピーアワー』上映&監督・主演女優トーク(会場:京都芸術劇場 春秋座)
刊行物 『日本研究』第55集「日本研究の過去・現在・未来」
2017年06月
13日(火)18:30~20:30 催し物 第311回 日文研フォーラム「筆談で見る明治前期の中日文化交流」
2017年07月
25日(火)14:00~16:00 催し物 第312回 日文研フォーラム「明治の建築家 伊東忠太 オスマン帝国土産話」
29日(土)14:00〜16:30 催し物 妖怪データベースからの創造-公開15周年記念シンポジウム
2017年08月
30日(水) 催し物 日文研EAJSワークショップ(ポルトガル・リスボン)
2017年09月
12日(火)14:00~16:00 催し物 第313回 日文研フォーラム「千二百年前の文化交流――入唐日本人の生活と交友」
2017年10月
10日(火)14:00~16:00 催し物 第314回 日文研フォーラム「日本とベトナムのコミュニケーション文化――「出会い」と「別れ」の挨拶、「ほめ」と「断り」の発話行為を中心に」
13日(金)-15日(日) 研究者限定 国際研究集会「植民地帝国日本における知と権力」
28日(土) 催し物 2017年度一般公開「日文研の30年」
2017年11月
14日(火)14:00~16:00 催し物 第315回 日文研フォーラム「桂離宮の地霊(ゲニウス・ロキ)――近世の庭園における古代の神話と文化」
9日(木)-12日(日) 催し物 日文研海外シンポジウム「Japanese Studies After 3.11」
(ドイツ・ライプツィヒ大学)
2018年03月
3日(土)-4日(日) 研究者限定 国際研究集会「戦後日本文化再考」