日文研30周年の軌跡

報道懇談会(1992/10/22)

まだまだ日文研の施設もめずらしく、記者があつまった時代。
席のならべ方を二重にし、
前回と同じ第1セミナー室で苦労している様子が、見てとれる。