日文研30周年の軌跡

日本研究・京都会議2(1994/10/20)

夕方から中庭で雅楽の鑑賞会。
晴天にめぐまれたのは、さいわいであった。